ホーム » 未分類 » 任意後見制度

任意後見制度

任意後見制度について、ご説明致しましょう。この制度も成年後見制度の一つになります。

任意後見制度は、本人がまだ判断力があるうちに、将来に備えて自分で代理人を選びます。この代理人は任意後見人と言われるのですが、その任意後見人は将来、本人の判断力がなくなったら、本人の生活、療養看護、財産管理に関する事務について代理権を与えられると言う契約を公証人が作成する公正証書で結びます。この契約は任意後見契約というものです。

こうすることで、たとえば、本人が将来、認知症などで判断能力が低下したとき、任意後見契約で決めたことを本人に代わって代行することができます。家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもとですが、本人の意志に従って適切な保護、支援ができるのです。

こうした任意後見制度について、弁護士に相談するという事も出来ます。また、任意後見人に弁護士がなるということも可能なのです。弁護士は法律に詳しいので、あらゆる手続きにおいても頼りになるでしょうから、信頼できる弁護士であれば、このような任意後見人を任せても安心でしょう。日頃、懇意にしている弁護士がいるならば、そういった人に任せると言うこともできます。ご家族と話し合ってよくお考え下さい。