ホーム » 未分類 » 法定後見制度

法定後見制度

成年後見制度が大きく二つに分かれた一つの制度に法定後見制度があります。どのような制度でしょうか。

この制度は「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれています。「後見」からご説明しますと、判断能力が欠けているのが通常の状態である精神上の障害の人を保護、支援する制度です。この場合の精神上の障害は認知症、知的障害、精神障害等を指します。たとえば、認知症の人が突然亡くなった独身の身内が作った負債を背負うことになったとき、認知症の人の配偶者が家庭裁判所の審理を経て成年後見人に選定され、本人に代わって相続放棄の手続きが出来ます。

「保佐」は認知症、知的障害、精神障害等により判断能力が著しく不十分である人を保護、支援する制度です。たとえば、こういったタイプの人がまとまったお金を借りたいとなると家庭裁判所が選定した保佐人の同意が必要になりますので、保佐人が同意しないとお金を借りる等の行為ができません。

「補助」は認知症、知的障害、精神障害等が軽度の人を保護、支援する制度です。たとえば、軽度の認知症の人が訪問販売等で高額なものを買ってしまったという場合、家庭裁判所の審理を経た補助人がその契約を取り消すという事が出来ます。このような法定後見制度については弁護士に相談出来ますし、弁護士を成年後見人等の候補者とすると言う人もいるようです。